• YDK

食べてデトックス


玉ねぎは血液をサラサラにすると言われている。

その効果をより発揮させるためには、生食べることがオススメだ。

血をサラサラにするケルセチン

玉ねぎの外皮に多く含まれるケルセチンには解毒作用があると言われ冷え改善にも繋がる。

したがって玉ねぎの外皮は剥き過ぎない方が良い。

さらにケルセチンは脂肪の吸収抑制する効果も高く、過剰な体脂肪を排出するのを助けてくれる。

玉ねぎは切ってから、15分ほど置いた方が栄養成分が安定するそうだ。

血液サラサラになると動脈硬化などの生活習慣病を防ぐので玉ねぎを摂取はとてもメリットがある。

#デトックス

26回の閲覧

​92company [92=kuni] SINCE   2007